世界初の再生血管移植 4歳女児手術成功
足の静脈細胞を培養 東京女子医大
 
Newsメニューにもどる
 
 東京女子医大日本心臓血管研究所の今井康晴教授、新岡俊治講師のグループは(平成12年5月)
十二日、患者自身の細胞を増殖、再生させて作った血管を、重い先天性心疾患で肺動脈が詰まる肺動
脈閉鎖症の女児(四つ)に移植する手術を実施した。女児の容態は安定しているという。患者の自己
細胞で生体組織を作り出す「再生医学」の手法による血管移植は世界で初めて。再生医学は、拒絶反
応の恐れがない次世代医療として注目されており、その実用化の一歩として、期待を集めそうだ。
 心臓から肺に血液を送る肺動脈が欠損したり狭くなっている場合、血液が酸素を十分に運ばず、発
育などに影響が出る。このため、従来、人工血管や人工布、自分の心臓の心膜を使った血管で肺と心
臓をつなげる手術が一般的だった。
 しかし、異物であるため血液が流れにくくなったり、成長で血管のサイズがあわなくなり、約十年
後には再手術が必要になるなどの問題があった。
 手術を受けた女児は心臓の形に異常があるうえ、右肺につながる肺動脈が狭くなって詰まり、右肺
の二分の一を使うことができなくなっていた。放置すれば心不全の危険もあったため、再生血管を使
った手術に踏み切った。
 事前に、女児の足首の静脈からとった細胞を培養。直径約一センチメートル、長さ二センチメート
ルの筒状の生体ポリマーに植え、”再生血管”を作った。手術では詰まっている肺動脈を切り広げ、
その上に”再生血管”をあててふさいだ。
 超音波で確認したところ血液が流れていた。再生血管に使用した生体ポリマーは約二ヶ月間で体内
に吸収される。約一ヶ月後、再度血液が流れているかどうかカテーテル検査で確認したうえで女児を
退院させるという。
 同グループは子犬を使った動物実験で、自己細胞で作った再生血管が子犬の成長とともに大きくな
っていることを確認、昨年四月、学内の倫理委員会の承認を得た。同グループは同様の方法で心臓弁
の再生も研究しており、「再生医学」の実用化の可能性が広がっている。
 国立循環器センターの八木原俊克・心臓血管部長の話 「心臓血管の臨床応用が本格的になると、
患者への負担が少なくなる。意義は大きい」
 
平成12年(西暦2000年)5月13日(土)産経新聞掲載
 
Newsメニューにもどる