ベンチャー先達に学ぶ 大阪企業家ミュージアム会館
小林一三,松下幸之助,安藤百福氏・・・
 
Newsメニューにもどる
 
 大阪商工会議所が運営する「大阪企業家ミュージアム」(館長=井植敏・三洋電機会長)が5日,
大阪中央区の大阪産業創造館地下1階にオープンする。大阪で活躍した企業経営者の業績を紹介し,
次世代の人材育成に役立てる博物館で,一般公開は6日から。
 大商や大阪証券取引所を設立した五代友厚氏▽阪急東宝グループの創立者,小林一三氏▽松下電器
産業の総業者・松下幸之助氏をはじめ,明治以降の著名な企業人104人をパネルを使って紹介してい
る。
 ヤンマーディーゼルが開発した世界初の小型ディーゼルエンジン,シャープの世界初のトランジス
タ式卓上計算機,三洋電機が発売した日本初の噴流式洗濯機なども展示する。 また,インスタント
ラーメンを発明した日清食品会長の安藤百福氏やダイエーの創業者の中内功氏ら企業人にインタービ
ューした映像ライブラリーのほか,伝記や社史なども充実させた。
 一方,ミュージアムでは人材開発事業として,大商主催の「ベンチャースクール」や,既存企業の
新技術・新市場への挑戦を応援する「第2創業塾」も開催する。
 開館を前に井植館長は4日,記者会見し,「モノに偏った従来型の博物館とは違い,人間に注目し
た,世界のどこにもない博物館。先輩たちがどのようにビジネスチャンスをつかんだか,その努力と
執念を勉強する場に活用してほしい」と強調した。
 日曜,月曜,祝日とお盆,年末年始は休館。開館時間は10時〜16時半(開館時間は曜日によって
変動)。入場料は大人300円,中学・高校・大学生100円で,小学生以下は無料。問い合せは06・4964
・7601。【記者:岡田功】
 
平成13年(西暦2001年)6月5日(火)毎日新聞
 
Newsメニューにもどる