京都 光テーマの科学館
 
Newsメニューにもどる
 
 「光」について,子どもだけでなく大人も十分に楽しみながら学ぶことができる施設として,関西
文化学術研究都市(京都府木津町)にオープンした「きっづ光科学館ふぉとん」。夏休み中とあって
たくさんの家族連れらでにぎわっている。
 日本原子力研究所の光量子科学研究センターが設立した日本で初めての光をテーマにした科学館。
「ふぉとん」は光の粒子を意味し,「きっづ」は木津町と英語のキッズ(子供たち)から名づけられ
た。
 鉄筋コンクリート造り二階建てで,展示面積は約千八百平方メートル。コンピュータグラフィック
スを投影する全天周スクリーン(直径約十八メートル)を備えた映像室をはじめ,展示品は約百二十
種類にものぼる。
 反射や屈折,干渉など,光の基本的な性質を見たり触ったりできるコーナーや,レーザーや光通信
など最先端技術について知識を深めることができるコーナー。また自然,歴史,芸術の面から光と人
類のかかわりについて学べるコーナーと内容は盛りだくさん。
 
平成13年(西暦2001年)8月20日(月)産経新聞掲載
 
Newsメニューにもどる