若者の理系離れ対策に
高校教師ら工場見学 新日鐵広畑
 
Newsメニューにもどる
 
 理数系の高校教師らを対象にした「製鉄所見学と製鐵技術者・研究者との懇談会」が二十三日、姫
路市の新日本製鐵広畑製鉄所で始まった。近畿、東海、」北陸地方の教師二十人と大学教授・助手ら
の計二十四人が参加、製造業の第一線に立つ技術者・研究者らと交流を深めた。
 日本鉄鋼協会関西支部の主催、若者の理系離れに歯止めをかけるため、指導役になる教師にものづ
くりの現場をより深く知ってもらうのが狙い。
 教授らは高温鋼鉄を引き延ばす熱間圧延工場や冷間圧延工場などの主力生産設備を見学。現職の担
当者に質問をした。
 その後、泊まり込みで技術者らグループ討議を行い、学校での教育内容と製造現場とのかかわりな
どについて話し合った。
 最終日となる二十四日は、同市播磨区の山陽特殊鋼で見学会を行う。
 
所長あいさつ           工場入り口、広畑製鉄所の工場内部は撮影禁止
 
2001年(平成13年)8月24日(金)神戸新聞掲載
 
 
Newsメニューにもどる