開発進む「環境共生住宅」省エネ,クリーン旗印に
メーカーも意欲
 
Newsメニューにもどる
 
 年々県庁になる猛暑や暖冬など,異常気象に象徴される地球環境の破壊が大きな問題になっている。
国は環境に優しい住宅開発を奨励しているが,住宅メーカーも環境に配慮した「環境共生住宅」を相
次いで開発しており,エコロジー時代のトレンドとなりつつある。
 国境を越えた地球規模の生態系の破壊としてクローズアップされているのは地球温暖化,オゾン層
や熱帯雨林の破壊,それに伴う砂漠化や海洋汚染,酸性雨などだ。 それをストップさせるには,人
々の環境保全に対する自覚と責任感,さらに自然への負荷を極力減らす省エネ・ライフスタイルの実
現が求められる。中でも,大きなウエートを占めるのが住宅環境ではないだろうか。
 フル運転の冷暖房,トイレや洗濯,炊事など生活用水の無自覚な使用,使い捨て時代を反映した大
量の生活廃棄物(ごみ)なども環境汚染の大きな原因だ。日常生活におけるエネルギー消費や資源消
費は,人間社会を取り巻くエコロジーと無援ではない。
 そこで,国は周辺の自然環境と調和し,エネルギーや資源の無駄をなくし,健康で快適な生活を実
現できるよう工夫した未来型のエコロジー住宅,つまり「環境共生住宅」の普及に乗り出した。これ
らの環境理念に合致する住宅建設や市街地モデル整備事業に,補助金を出して奨励している。
 各住宅メーカーとも,エコロジーをキーワードにした「環境共生住」を積極的に,開発,販売する
ようになってきた。環境に配慮するということは,エネルギー消費を極力抑制することを意味し,そ
れぞれの住宅に共通するのは高断熱・高気密をベースにした省エネルギー化である。
 自然の風を部屋に効率よく導いて換気機能を高めたり,太陽光発電を積極的に導入して,給湯や照
明などのエネルギーに充当するのが一般的。また,雨水や井戸水を貯留することなどで,下水道負担
を軽減する試みもなされている。最新のマンションのなかには,屋上に太陽光発電用ソーラーパネル
を設置して共用部分の電力需要をまかなったり,緑あふれる屋上庭園を設けているところも珍しくな
い。
 このほか,炭素繊維を含んだ呼吸をする壁財や古紙再生ボードの使用,さらに生ゴミを粉砕して処
理するリサ0クル・システムの導入など,最新の環境技術を駆使した省エネで安全かつクリーンとい
う画期的な住宅が相次いで発表されている。
 
平成13年(西暦2001年)8月30日(木)産経新聞
 
Newsメニューにもどる