松下が「脱塩ビ」コード 来年導入
 
Newsメニューにもどる
 
 松下電器産業はリサイクルが難しい塩化ビニール樹脂を使わない電源コードを開発,来年から家庭
用電気製品に前面的に導入すると発表した。「脱塩ビ」の電源コード導入は電気メーカーでは初めて。
 塩ビはリサイクルが難しいうえ,処理時にダイオキシンが発生する可能性もあると指摘されていた。
 松下が電線メーカーと共同開発した電源コードは無機化合物のポリオレフィンが主材料。ハロゲン
化合物や重金属類を含まないため,リサイクル処理が容易という。
 
平成13年(西暦2001年)10月2日(火)産経新聞掲載
 
Newsメニューにもどる