光電子増倍管が破損 東大ニュートリノ観測施設
1本数十万円 被害は5500本以上
 
Newsメニューにもどる
 
 素粒子ニュートリノの質量発見というノーベル賞級の成果を上げた東京大宇宙線研究所のニュート
リノ観測施設スーパーカミオカンデ(岐阜県神岡町)で(平成13年11月)十二日、光を検出する「光
電子増倍管」約一万一千本のうち半数以上が壊れるという事故が起きた。当時は装置の修理・保守作
業中で、同大が詳しい被害状況や原因を調べている。
 文部科学省によると、光電子増倍管は一本数十万円と高価で製造も容易でないため、長期間にわた
り観測できない見通しとなった。
 スーパーカミオカンデは地下千メートルの亜鉛鉱山内に設置された巨大な水タンク。水中に飛び込
むニュートリノが水の分子と反応して発生する光を光電子増倍管でとらえる仕組みだ。
 同大の発表によると、この日午前十一時ごろ、スーパーカミオカンデのそばにある制御室にいた研
究者が地響きと衝撃音を感じた。
 タンク内をテレビカメラなどで調べたところ、内壁に並べられた直径五十センチメートルの光電子
増倍管の半数以上が壊れていた。
 スーパーカミオカンデでは今年夏、一九九六年の運転開始以来初めて水を抜き、光電子倍増管数百
本を交換。再び水をためて試運転を始めたばかりだった。
 現在、茨城県つくば市にある高エネルギー加速器研究機構の加速器で作ったニュートリノを同施設
に打ち込み、ニュートリノの性質を調べる実験が進んでおり、文科省の担当者は「世界的にも損失が
大きい」と肩を落としている。
光電子増倍管 極めて微弱な光を検出する電球型のセンサー。光が金属の電子をたたき出す効果を利
用し、微弱な光を電気信号に増幅する。スーパーカミオカンデや近く運転を始める東北大のニュート
リノ観測施設カムランドには、光技術の先端企業、浜松ホトニクス(静岡県浜松市)が開発した直径50
センチメートルの世界最大の増倍管が使われている。
 
平成13年(西暦2001年)11月13日(火)産経新聞掲載
 
 
Newsメニューにもどる