アシモが「解説員」に 日本科学未来館が採用
 
Newsメニューにもどる
 
 
 二本足で歩く人間ロボット「ASIMO(アシモ)」が(西暦2002年1月)13日、日本科学未来
館(東京都江東区青海2)の「解説員」として正式に採用された。テレビCMなどで活躍するアシモ
だが、派遣職員として”就職”するのは初めて。年収(派遣料)は2000万円。ホンダのロボットで、
階段の上り下りもでき、プログラムされた合成音で話すこともできる。この日は「入社式」。宇宙飛
行士の毛利衛(まもる)館長が「常勤職員として採用する。特別勤務手当として電気を与える」と辞
令を手渡した。【記者:高木昭午】
 
西暦2002年(平成14年)1月14日(月)毎日新聞掲載
 
Newsメニューにもどる