平成11年度物理部会・物理研究委員会 連絡

                           物理専門委員長
                           物理部会・物理研究委員会
物理メニューにもどる
 
 
平成11年度(西暦1999年度)
第1回物理部会・物理研究委員会 平成11年7月8日(木) 光洋精工田原本工場
  総会・工場見学
 
第2回物理専門委員会 平成11年11月8日(月) 畝傍高等学校
  ・物理実験帳のCD−ROM化について
  ・第2回物理研究委員会、第2回物理部会について
 
平成11年度 学習指導研究会 平成11年11月15日(月) 平城高等学校
  研究授業、物理の授業や教材の研究、講座参加報告、欧州巡検報告など
左〔平城高 南 健彦先生の授業「波の干渉」ウェーブマシーンやコンピュータを使い
   独自の組み立てで、生徒と一体感のある授業でした。〕
右〔奈良高 池永 克好先生の平成11年度観察実験指導力向上講座参加報告
   観察・実験のネタを豊富に仕入れて来られました。〕 
 
左〔城内高 坂下 泰沼先生の平成10年度情報教育指導者養成講座参加報告
   コンピュータ計測の手法とネタをいっぱい紹介してくれました。〕
右〔西の京高 石本 昇先生の欧州日食・科学史巡検報告
   コンピュータによる豊富なスライドショーで、ヨーロッパの科学的資料を紹介して
   くれました。ヨーロッパの景色も味わうことができました。〕
 
第2回物理研究委員会 平成11年12月13日(月) 畝傍高等学校 14:00〜
  生徒実験・導入実験の体験、CD−ROMへ収録のための収録方法の協議、
  収録内容の検討、デジタルカメラによる撮影をしました。
  実験道具などを持ち寄って実験を紹介したり、体験しました。
  後の、生徒実験、導入実験を納めたCD−ROMづくりのためのデータ収集になり
  ます。
  また、改訂のご意見がある場合は、ご用意ください。
  CD−ROM化や、インターネットWebにて紹介の許諾をください。
  CD−ROM化について、生徒実験書はワープロによる従来からの書式。
  内容紹介については、ブラウザによる閲覧形式で、映像や音声付きのわかりやすく
  楽しい内容にとの検討中です。
  この日は、この後、懇親会をしました。
ラザフォードの実験(α粒子散乱)の実体的体験  放電器と電界強度変化受信器
 
熱心な物理好きが集まりました。真ん中はハウリング式音速実験器 
 
第2回物理部会 平成12年2月21日(月)
  教育研究所にて。製作実習は超簡単、超安価にできる電界強度変化検出装置。
  アンテナもつけられる放電器とセットです。電界強度変化を検出すると
  ダイオードが光ったり、メロディーが鳴ったり、羽がクルクル回ったりします。
  また、CD-ROMにhtml形式ファイルと物理実験書を記録したものを閲覧していただき、
  次期物理実験書のイメージを体験していただきました。
  教育研究所のコンピュータ室はすばらしい設備でした。
 
〔熱心に製作実習をする参加の先生方〕 
 
 
  〔完成品〕      〔コンピュータ室にて〕 
 
以上、本年度の物理部会の活動は終了しました。
内容に関しての連絡は、大西修二 ohshu@mvi.biglobe.ne.jp へ。
このページについての連絡は 南 賢一 JCB00716@nifty.ne.jp へ。
 
物理メニューにもどる